人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛める

自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。
そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。
PR:ランキングサイトで歯の消しゴムの順位