葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。
食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。
妊娠する前の段階で適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に掲載されていました。
胎児が健やかに育つために最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。
野菜を十分に摂れない時は、サプリを使うのも良い方法だそうです。
食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。
妊活は女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体に限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。
母子ともに健康な体でいるためにも、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。
厚生労働省の推奨では一日当たり0.4mgと発表されています。
葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。
ですから足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。
むかし流産しています。
その時は自分を責めて苦しかったのですが、だいたい一年位たってから、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を治そうと苦手だった運動を始めました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、冷え性が改善したんです。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。
基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。
基礎体温表は5分もあればつけられますが、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったルールもあるので、それを守ってつけていくことが大事です。
一日忘れても根気よく続けていきましょう。
不妊に効果のある食べ物というと、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。
レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。
妊娠に欠かせない栄養素を含むので、摂取が推奨されます。
ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良くさまざまな食材をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。
その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けるようにしましょう。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。
では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。
葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。
なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを食べるようになったという妊婦さんも多いと思います。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。
親友の話なのですが、妊活していた頃の話だったと思いますが、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。
その子によると、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
漢方だったら安全性が高いのではないでしょうか。
彼女は漢方を続けていたようです。
その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠しましたので、みんなでお祝いを計画しています。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>妊婦に人気の葉酸サプリはどこで買えますか