保険適用のケース

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。
保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。
また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。
しかし、制約もあるので覚えておきましょう。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。
加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。
障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。
ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。
引用:タバコのヤニ取りは歯磨き粉ですることをおすすめします