インプラント治療の問題点

様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
それは違います。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。
例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。
確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。
このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。
定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>歯磨き粉格安